産業廃棄物でパソコンが増加|情報漏えい防止のため破砕する

女性作業員

産業で出たごみの処分

作業ヘルメット

産廃場で処分

いろいろな工事や、家などの新築リフォーム、橋やダムを造る公共工事など様々な場面でごみやがれきが排出されてきます。産業を行うに当たって出てきたごみを産業廃棄物と呼んでおり、これらは適切に処分されなければならないことになっています。自前で処分施設を持っている企業などでは、出てきた廃棄物を自らの手で処分することが可能ですが、処分施設を持たないところでは、排出された廃棄物を産業廃棄物場に持ち込んで処分することが一般的になっています。大量の廃棄物が持ち込まれた産廃場では、廃棄物を種類ごとに分別してリサイクル法に基づいて処分していくことになります。持ち込まれた廃棄物の中にはいろいろな材質でできた廃棄物が持ち込まれることが多く、それらの廃棄物を混合廃棄物と呼んでいます。

現場で分別を行って

産廃場に持ち込まれた混合廃棄物は材質によって分別され、リサイクルに向けて処分されることになります。木材はチップ状にして燃料や肥料に、金属は溶かして再利用に、コンクリートなどのがれきなどは小さく砕いて基礎石などに、びん類などは砕いてアスファルトに混ぜるなど各産廃場でリサイクルの方法も違ってきています。混合廃棄物を産廃場に持ち込むときには、廃棄物が混合していることから割増しの処分料金がかかってしまいます。処分場で混合廃棄物を分別する際に、余計な手間と労力を必要とするからです。あらかじめ工事現場などで材質ごとに分別して産廃場に持ち込めばそれだけ処分料金は安くなります。混合廃棄物を持っていくことで多くの経費をかけることを嫌がる業者の中には、現場でしっかりと分別を行って産廃場に持ち込む業者が多くなっています。