産業廃棄物でパソコンが増加|情報漏えい防止のため破砕する

女性作業員

産業で出た廃棄物

工場

民間の処分場

業務を行うことにより発生した廃棄物を産業廃棄物と呼んでいます。この産業廃棄物は法律にのっとって適切な場所で、適切に処分しなければなりません。各自治体では産廃処理場を建設してこれらの廃棄物の処理にあたっています。産廃処理の会社を作り産廃処理場を作って経営を行っている民間の会社もあります。産廃処理施設を持たない多くの会社では、廃棄物を産廃処理場に持ち込み処分の依頼を行います。各自治体の処分場では廃棄物の分別がしてないと受け付けないところが多く、民間が経営をしている処分場では、いろいろな種類の廃棄物が混ざっていても、処分料金は高くなってしまいますが受け付けて処分を行っている処分場が多くあり、分別を行う手間がない企業は、混合廃棄物として民間の処分場に持ち込んでいます。

処分料金が高い混合廃棄物

産廃処理場を運営するためにはいろいろな許可も必要になってきますし、特殊な廃棄物たとえば農薬など処分をするための資格も必要になってきます。また毎年保健所による検査もあり、それらをすべて受けたうえで処分場の営業を行っていかなければなりません。民間の処分場になりますと混合廃棄物が多く、それらの分別に多くの時間をかけています。アームに磁石がついた重機を使用して金属や木材など大型の分別を行い、細かい分別は人力で行います。廃棄物をリサイクルに回すところも多くあり、リサイクルに回す廃棄物は念入りに人の手で分別が行われています。混合廃棄物の処分はこのように人の手が、分別されているものに比べて何倍もかかってきますので、持ち込んだ時の処分料金が高くなってしまいます。